システム・業務・会計に関するコンサルティング   人手やコストをかければ、管理や業務は誰でもできるが、それでは生産性は上がらない

メッセージ  ~「三位一体がもたらす価値」を提供する ~

京セラの稲盛和夫氏は言いました。「商売というのは、値段を安くすれば誰でも売れる。しかしそれでは経営はできない」と。企業の管理や業務もこれと同じです。人手やコストをかければ誰でもできます。しかしそれでは生産性は上がりません。働き方改革しかり、労働人口減少しかり。非効率な業務を続けていれば人件費が膨れ上がり、業績を悪化させるでしょう。

さらに「2025年の壁」問題もあります。2025年の壁とは「老朽化した基幹システムを2025年ごろまでに刷新しないと、多くの企業で保守運用が困難になるだけではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)も達成できなくなる」という未来を描いたシナリオです(日経コンピュータより)。もし克服できないと、毎年12兆円(最大)の経済損失が出るとされています。

しかし多くの中堅企業では、システムを刷新したくてもできないのが現状です。「一度ベンダーに見積りを取ったら、トンデモナイ金額だった」「前回の基幹システム構築が20年前で、当時のプロジェクト経験者が社内に一人もいない」「長い間に業務がいろいろ変わり、その都度システム改修した結果、仕様が複雑化しすぎて収拾がつかない」など、対応に行き詰まっています。

これらを打開して業務を効率化し、間接部門をスリム化するためには、全社一丸となって経営のしくみを見直すことが不可欠です。具体的にはシステム・業務・会計をバラバラに考えるのではなく、それら3つを統合して検討します。そして「現場の要望」と「必要十分な機能」のバランスを取り、全社最適化の観点で業務とシステムをシンプルにデザインし直すのです。

当事務所はこれまで、上場企業や中堅企業のシステム構築、業務改革、管理会計や原価計算の設計、決算早期化(連結決算含む)など、システムを中心にさまざまな企業経営のしくみ改革をお手伝いしてきました。個人事務所ならではの繊細で行き届いたサービスを心がけ、システム・業務・会計に関する総合的なコンサルティングサービスを提供しております。

創業15年・50社以上の実績と経験に基づき、お客様にとってより良いプランのご提案ができると自負しております。ぜひ貴社の次期システム構築、業務改革や生産性向上のために、当事務所を活用していただければ幸いです。

中川 充(公認会計士/システムコンサルタント)
1993年公認会計士二次試験に合格。朝日監査法人(現あずさ監査法人)にて法定監査に従事した後、システムコンサルティング会社でERPの導入支援を行う。その後、あずさ監査法人株式公開部に戻り、上場支援等に従事。2004年、公認会計士中川充事務所を設立。システム・業務・会計を統合し、経営のしくみを構築・改革することを得意とする。企業投資ファンドや監査法人などのプロフェッショナルからの依頼も多い。1969年生まれ、北海道出身。小樽商科大学商学部卒。著書に『お金をドブに捨てないシステム開発の教科書』(技術評論社)。

主なシステム導入実績(順不同)

OBIC7(オービック)、GLOVIA(富士通)、SuperStream(スーパーストリーム)、EXPLANNER(NEC)、ProActive(SCSK)、Biz∫SCAW(NTTデータ)、Zeem(旧CBMS、クレオ)、GRANDIT(GRANDIT)他多数

管理部門の業務量大幅削減や月次決算に要する日数の短縮など、具体的な実績例を挙げてわかりやすく効果のご説明をいたします。お気軽にご相談ください。

事務所概要

名 称

公認会計士中川充事務所

設 立

2004年7月1日

代表者

中川 充 (公認会計士 登録番号17113号)

所在地

〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル10階

連絡先

TEL:03-4405-0093 FAX:03-6684-4501 Email:info@nakagwa-cpa.jp

URL

https://nakagawa-cpa.jp/

事業内容

システム・業務・会計に関するコンサルティング

PAGE TOP