三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2014.12.10  2014年のIPO

pixta_9105784_S-compressor

 2014年の国内IPO社数は80社(承認公表済みの上場予定企業を含む)となりました。2013年の58社から22社の増加です。大きいところでは、㈱リクルートホールディングス、㈱西武ホールディングス、㈱すかいらーくが上場しています。特にリクルートは、時価総額2兆円と大型案件でした。

 

 2009年は年間19社ですから、新規上場は着実に回復基調にあります。確かに、私のところも最近IPO関連の話が増えてきました。資本政策の相談、ストックオプションの発行、諸規程作成、システムの見直し等、近い将来のIPOを意識した動きが活発になってきています。

 

 一方で懸念もあります。

 

 一つは、証券取引所や証券会社が行う上場審査です。複数の関係者から「昔と比べると最近の上場審査は緩い」という言葉を度々聞きます。昨年、鞍替え上場にたずさわった時、私もそのように感じましたが、それは鞍替えだからかと当初は思っていました。

 しかし、どうやらそうではなさそうです。新規上場が増えるのは良いことですが、審査が甘くては意味がありません。新規上場後に何かやらかす企業が出てくれば、それこそIPOに水を差すことになりかねません。

 

 もう一つは、IPOの支援体制です。IPOが低迷したリーマンショックからの5年間、関連部署の規模は大幅に縮小し、ベテラン担当者の多くが現場を離れてしまいました。

 それは、証券会社、監査法人の両方に言えます。これから株式公開部署を増員していくことになるのでしょうが、様々なケースが起こりうるIPOでは、担当者の経験不足は不安が残ります。現に私も株式公開準備先で、首をかしげるような言動に遭遇することがありました。

 

 失われた5年はやはり大きいようです。業界が一丸となって体制を強化してIPOを復活させていくことが必要だと思います。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 2014年のIPO

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office