三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.03.06  規程の種類 その5

pixta_4068920_S-compressor

 業務管理について定めた業務管理規程には、例えば、以下の規程が入ります。

 

 ●経理規程


 ●予算管理規程


 ●販売管理規程


 ●与信管理規程


 ●購買管理規程


 ●たな卸資産管理規程


 ●外注管理規程


 ●固定資産管理規程


 ●内部監査規程


 ●原価計算規程


 ●関係会社管理規程

 

 

 業務管理規程は、実際の業務フローのうち、重要なエッセンスをまとめたものです。ゆえに、業務管理規程は内部監査が業務をチェックする際の拠り所となります。

 

 

 業務管理規程の種類は会社によって様々です。業務そのものが違うし、仮に同じであっても会社におけるその業務の重要性、ボリューム、リスクなどは千差万別ですから、異なるのは当然です。

 

 

 例えば、外注が必須な製造業には「外注管理規程」が必要ですが、一般の物販業であれば基本的に必要ありません。

 

 逆に、得意先の多くが中小企業の物販業であれば「与信管理規程」は大切ですが、超一流大企業数社からの受注が主たる製造業であれば、「与信管理規程」は特に作成せず、「販売管理規程」の中の章立て(第○章 与信管理)程度で問題ありません。

 

 

 業務管理規程の作成に当たっては、自社の業務・リスクを適切に反映して、明文化することが大切です。

 

 雛形テンプレートをまるまる使用するような愚の骨頂はやめて、できる限り自分の頭で考えて自社にあったものを作成しましょう。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 規程の種類 その5

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office