pixta_4068920_S-compressor

 業務管理について定めた業務管理規程には、例えば、以下の規程が入ります。

 

 ●経理規程


 ●予算管理規程


 ●販売管理規程


 ●与信管理規程


 ●購買管理規程


 ●たな卸資産管理規程


 ●外注管理規程


 ●固定資産管理規程


 ●内部監査規程


 ●原価計算規程


 ●関係会社管理規程

 

 

 業務管理規程は、実際の業務フローのうち、重要なエッセンスをまとめたものです。ゆえに、業務管理規程は内部監査が業務をチェックする際の拠り所となります。

 

 

 業務管理規程の種類は会社によって様々です。業務そのものが違うし、仮に同じであっても会社におけるその業務の重要性、ボリューム、リスクなどは千差万別ですから、異なるのは当然です。

 

 

 例えば、外注が必須な製造業には「外注管理規程」が必要ですが、一般の物販業であれば基本的に必要ありません。

 

 逆に、得意先の多くが中小企業の物販業であれば「与信管理規程」は大切ですが、超一流大企業数社からの受注が主たる製造業であれば、「与信管理規程」は特に作成せず、「販売管理規程」の中の章立て(第○章 与信管理)程度で問題ありません。

 

 

 業務管理規程の作成に当たっては、自社の業務・リスクを適切に反映して、明文化することが大切です。

 

 雛形テンプレートをまるまる使用するような愚の骨頂はやめて、できる限り自分の頭で考えて自社にあったものを作成しましょう。