pixta_15994207_S-compressor

 購買業務を、購買部に集中している会社は少なくありませんが、集中購買にはいくつか種類があります。

 

 

 ①完全集中購買

 購買部が、取引先の選定、条件の決定、購買行為をすべて行います。

 

 

 ②条件集中購買
 購買部が、取引先の選定、条件の決定は行いますが、指定の取引先、条件であれば購買行為は各部署が行います。

 

 

 ③取引先集中購買
 購買部は、取引先の審査・承認のみを行い、各部署が、条件を決め、購買行為を行います。

 

 

 完全集中購買が内部統制的には理想ですが、購買部の業務が肥大化してしまいます。

 

 そこで、リスクの少ない購買については、部署に任せる条件集中購買がバランスの良い選択です。

 

 どういった集中購買にするか、業務量・リスク等を考慮して適切な業務を構築する必要があります。