pixta_1263872_S-compressor

 日本基準では、支払利息の原価算入の指針「不動産開発事業を行う場合の支払利子の監査上の取扱い」があります。

 

 借入利息の原価算入は、条件をすべて備えている場合、認容されます。

 

 IAS第23号借入費用では、適格資産の取得、建設又は生産に直接起因する借入費用は、当該資産の取得原価の一部として資産化しなければなりません。

 

 適格資産とは、意図した使用又は販売が可能となるまでに相当の期間を要する資産をいいます。適格資産となった資産に係る借入費用は、原価算入が強制されます。

 

 日本基準は任意、IFRSは強制ということになります。