三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.04.12  Ⅰの部における「前期」

pixta_12390702_S-compressor

 誤謬会計がはじまり、有価証券報告書では「前期」は当期の「比較情報」となり、従来の「前期」という概念はなくなりました。これに伴い監査報告書も1期分です。

 

 

 しかし、新規上場申請のための有価証券報告書、いわゆるⅠの部は違います。

 これまでどおり、「前期」・「当期」の記載となります。「前期」も「当期」もそれぞれ単独で、比較情報はありません。

 

 これは、監査報告書が2期分添付することでもわかります。

 

 当然、特別情報の過去3期も単独併記となり、ボックス型が基本です。

 有報は「比較情報」、Ⅰの部は「前期」ということで、異なりますので注意が必要です。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > Ⅰの部における「前期」

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office