三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.05.22  WindowsServer2003問題

pixta_11364093_S-compressor

 最近、WindowsXP問題が話題になっています。2014年4月8日でマイクロソフトのサポートが切れるという話です。やはりセキュリティを考えるとサポート切れは致命的です。大半の企業はWindows7・8へのバージョンアップ、PCの買い替えを行っています。

 

 実はこれと同じく、サーバの標準OSであるWindowsServer2003にも2015年7月14日でサポート切れという問題があります。レガシーな基幹システムの多くはこのOSを使用しており、また、開発言語も古いため、この機会に基幹システムの刷新を検討している企業も少なくないでしょう。

 

 2015年7月はまだ先のように感じますが、3月決算会社であれば本稼働は2015年4月1日が目標です。あと1年9か月しかありません。

 

 一般的なERPパッケージの導入期間は、最低でも半年、長ければ数年かかります。

 

 導入期間は、パッケージ製品の構成、適用範囲、会社規模、拠点数、プロジェクト体制、システム連携、データ移行、カスタマイズなどにもよります。

 

 さらに、導入前の事前の業務ヒアリング、システムのグランドデザイン設計、開発業者・パッケージの選定期間を含めると、新基幹システムに係るプロジェクト期間は少なくとも1年はかかります。

 

 基幹システムの規模にもよりますが、年内に業務ヒアリング、新システムのグランドデザインの検討を終わらせなければ、時間的に間に合いません。今から、本腰入れてプロジェクトを立上げ進める必要があります。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > WindowsServer2003問題

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office