三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.07.08  無形資産に関する検討経過の取りまとめ

pixta_887183_S-compressor

 6月下旬、企業会計基準委員会から「無形資産に関する検討経過の取りまとめ」が公表されました。

 

 無形資産については平成21年12月に「無形資産に関する論点の整理」が公表されていますが、本レポートは、その後、同委員会においてコンバージェンスの観点から審議されてきた論点、意見、考え方などの検討経過の取りまとめだそうです。

 

 論点整理を公表後5年経っもていまだ継続審議ですから、無形資産の基準化、関係者のコンセンサスの難しさがわかります。

 

 本レポートで私が気になったところをいくつか記載しましょう。

 

 ●スタンス
 我が国には包括的な無形資産の会計基準が存在しません。研究開発費等会計基準はソフトウェア等に特化した会計基準です。IFRS等との整合性からも無形資産会計基準を作成する必要があります。

 

 実際の作業は、無形資産の定義・認識要件などのフレームワークを後回しにして、個別論点を優先しているそうです。

 

 ●社内開発費
 日本基準では研究開発費はすべて発生時に費用処理です。しかし、IFRSでは研究局面と開発局面に分けて、要件を立証できる場合に限り開発で生じた無形資産は資産計上します。社内開発費にかかる資産計上の要否が論点です。

 

 将来の収益獲得の不確実性から現行の費用処理を維持する関係者が多いようですが、とりあえず、IFRSで資産計上している業界ごとの事例分析、関連学術論文の収集分析をして検討継続だそうです。

 

 ●M&Aと無形資産
 企業結合会計基準では法律上の権利などの分離譲渡可能な無形資産は取得原価を配分、資産計上します。IFRSでも認識可能な無形資産は資産計上ですが、その基準は分離可能性規準と契約法律規準のどちらかを満たせばよいとなっています。

 

 例えば、分離可能要件であれば、顧客リスト、データベース、契約に基づかない顧客関係も対象になり、日本基準よりIFRS基準の方がM&A時の無形資産計上範囲は広いです。また、日本基準では例示が少なく測定の客観性の問題から、実務の不統一がおきている可能性も言われており、見直しの要否が検討されています。

 

 こうしてみると、全般的に日本基準は保守主義の原則、IFRSは真実性の原則(時価を真実とする前提で)に偏っていると言えます。無形資産という実態がない資産を、金額測定方法が一般化していない中、いかに会計基準としてまとめていくか、今しばらく熟成期間が必要なのかもしれません。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 無形資産に関する検討経過の取りまとめ

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office