三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.08.26  企業価値評価ガイドライン改正

pixta_15089655_S-compressor

 未上場会社の第三者割当増資等の株式算定の拠り所になる「企業価値評価ガイドライン」(日本公認会計士協会 経営研究調査会研究報告第32号)が改正されました。

 

 昨今、DCF法等は専門家でなくても誰もが知る身近なものとなりました。ベンチャー企業経営陣との会話では、割引率、継続価値、非流動性ディスカウントなど当たり前に出てきます。

 

 それに伴って、株価算定に関する争い・裁判も増えました。そもそも株価算定は単純なものではありません。特に成長が見込まれるベンチャー企業の場合、その時点の株価をどう見積もるかは非常に難しいです。算定人として妥当性のある種々の仮定を置きながら、対立する利害関係者が納得する公平公正妥当な株価を考えなければなりません。

 

 主な改正点は以下のとおり。

 ・不正や企業価値評価を巡る紛争への対応を明記(発端はオリンパスですね。)
 ・算定結果に対して、個別・具体的に、また、批判的にその結果を検討する検討人が存在することを、算定人は強く意識するよう注意喚起
 ・数値予想の前提条件の合理性、予測過程の合理性、作成数値の社内承認や外部公表、さらには、過去の実績値や信頼できる外部情報等との整合性に関して検討・分析を要求
 ・提供された非常識・非現実的な将来情報を無批判に受け入れ、機械的にそれを評価に使用するのではなく、批判性を発揮して、基礎資料としての有用性及び利用可能性の判断の重要性を明記

 

 まあ、当然と言えば、当然のことばかりです。提供された資料の通り算出した株価なら、単なるシミュレーションです。専門家の株価算定である以上、依頼人の資料について一定の検証を行い、利害関係者の批判に耐えられる算定を心がけなければなりません。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 企業価値評価ガイドライン改正

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office