三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.09.23  金融庁24年度有報レビュー結果

pixta_1018464_S-compressor

 金融庁から、平成24年度有価証券報告書レビューの実施結果が公表されました。レビュー対象は、主として平成24年3月期決算です。重点テーマは、「無形固定資産(のれんの計上額を含む)の評価」、「関連当事者取引(役員に対する貸付を含む)」など、当時大問題となったオリンパス事件、大王製紙事件を反映したものでした。

 

 以下、審査で確認された事例です。

 

 「無形固定資産の評価」  
  ・減損損失を認識するかどうかの判定に際して見積られる将来キャッシュ・フローについて、見積りの根拠が不明確
  ・減損損失等を認識したのれん等の内容が不明瞭  ・回収可能価額(正味売却価額あるいは使用価値)の算定方法の記載が不明瞭

 

 「関連当事者取引」
  ・関連当事者の範囲について正確に把握しておらず、取引全体の記載漏れ
  ・取引の内容が不明瞭
  ・取引条件及び取引条件の決定方針等、必要な事項の記載漏れ

 

 また、無形固定資産の評価では、「連結子会社株式の減損に伴うのれんの一括償却であって、減損ではない」という理由で、当該損失の内容を注記しない事例があったそうです。

 

 この件に関する審査コメントは、「連結子会社株式の減損に伴うのれんの一括償却であっても、実質的にその内容が減損と同様の内容であれば、減損損失を認識した場合と同様の開示が必要であると判断されることがある」でした。

 

 のれんの一括償却の意味は、「会社や事業を高い価格で買ってしまった」ということです。取得して何年も経っていれば、外部環境が変化したという弁明もあります。しかし、1年かそこらでの一括償却なら、経営陣の見通しのあまさを指摘され、金額によっては、経営責任・株主代表訴訟にすら繋がりかねない話です。

 

 損失の主たる原因が純資産価額の著しい下落なのか、将来キャッシュ・フローの見積り変化なのか、実態に即した適切な開示が求められます。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 金融庁24年度有報レビュー結果

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office