三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.10.14  購買管理システムの消費税差額の処理方法 その3

pixta_8442450_S-compressor

 「その2」の続きです。消費税の端数差額については、2つの処理方法があります。

 

 第1法 消費税差額を調整して仕入先の請求金額で支払う方法
 第2法 消費税差額を無視して当社の買掛金金額で支払う方法

 

 第1法は、消費税差額を調整して支払う方法です。

 

 振込金額は会社の買掛金518円ではなく仕入先の請求金額520円として差額2円は仮払消費税等で調整します。この方法であれば、仕入先の請求金額と差額が発生しません。しかし、仕入先の請求書を円単位で確認し調整することが不可欠で、差額処理の事務作業は大変煩雑となります。

 

 第2法は、消費税差額を無視する方法です。

 

 振込金額は会社の買掛金518円とします。この方法であれば、会社の買掛金残高で振込データを自動生成できます。しかし、仕入先の請求金額と異なる金額で振込みますので、一見気持ち悪さは残ります。

 

 これについては、それぞれの事業者が適切に処理していれば、基本的に問題はありません。

 

 「その1」に記載したとおり、消費税の端数処理(切捨て、切上げ、四捨五入など)には決まりがありません。また、課税標準額に対する消費税額の計算の特例により、「税込価格計算」と「税抜価格計算」を前提とした代金決済が混在しています。各事業者で任意の方法を採用できます。

 

 

 購買管理システムを考えると、継続取引先に対する消費税差額の処理方法は、第2法を採用するのが賢明です。なお、第1法から第2法へ変更する場合は、仕入先に処理変更を伝え、事前に説明しておいた方が良いでしょう。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 購買管理システムの消費税差額の処理方法 その3

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office