三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.10.21  経費精算フロー(精算書 手書) その1

pixta_13855319_S-compressor

 何回かにわたって、ワークフローシステムを活用して経費精算業務を効率化するフローを考えてみます。

 

 経費精算は1回当たりの金額は少額ですが、対象者や件数が多いため、会社全体では煩雑な業務です。 経費精算の基本的なフローを見てみましょう。

 

 

 <フロー手順>
 1 申請者が会社定型の精算書用紙に手書きで記入(またはExcelに入力して印刷)
 2 精算書に領収書を貼付・回付
 3 部長が内容を確認して押印
 4 経理に回付
 5 経理担当者が内容を確認し、申請者に小口現金で支払い
 6 精算書に基づき仕訳入力

 

 経費精算書のヘッダには「申請日・申請者氏名・所属部署」を、明細には「発生日・内容・支払先・金額・備考」などを記入します。

 

 経費精算の科目は限られるので、科目を申請者に記入させる会社もあります。しかし、中には海外関連経費など、消費税の課税・不課税の選択が必要で記入間違いがおきやすいものもあります。科目を記入させるか否かは、ケースバイケースで考えます。

 

 本フローでは、1.申請者の精算書記入と6.経理担当者の仕訳入力の二重作業が発生しています。仕訳入力に必要な項目(日付・科目・金額・摘要)は、科目を除き精算書に記入済みです。精算書の入力データを仕訳入力に活用できれば、経理の入力作業は軽減できます。これを「分散入力」または「現場入力」といいます。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 経費精算フロー(精算書 手書) その1

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office