pixta_13039864_S-compressor

 経営者の求める企業システムは、「売上や利益が上がるシステム」です。経営者の興味は「そのシステムを入れて儲かるようになるのか」、その一点に尽きます。

 

 一方、情報システム部のミッションは、プロジェクトが予算超過や稼働遅延せず、システムを安定稼働させることです。情報システム部のつくりたいシステムは、「問題を起こさないシステム」です。

 

 双方の立場や役割が違うので、次期システムに対する思いや考えが異なるのは当然です。そのような中、もしコミュケーションが不足し、対立が解消しないままシステムをつくるとどうなるでしょうか。

 

 経営者は、新システムが経営に役立たないので決して満足できません。「高額なシステム投資がムダになった」と感じます。そして、「もう二度と、うちの情報システム部には任せられない」と思います。

 

 一方、情報システム部は、「経営者が途中で横やりを入れてくるので、あぶなくプロジェクトがとん挫するところだった」と思います。そして、「次からは、経営者の意見はあまり聞かないようにしよう」と考えます。

 

 双方に間違った考えを芽生えさせ、心の中にしこりやトラウマを残します。

 

 では、このような事態を回避するためには、どうしたらよいでしょうか。大切なのは、経営者と情報システム部の相互理解です。

 

 経営者だからといって、システムやITを毛嫌いして良いはずがありません。せめて企業システムの勘どころくらいは押さておくと、情報システム部に意見や考えを伝えやすくなります。

 

 また、情報システム部は、もっと経営の視点を持ち、稼ぐポイントやしくみをシステムに取り入れるよう努力します。いくら安定したシステムをつくっても、売上や利益が上がらなければ本末転倒なのですから。

 

 真の相互理解があってはじめて、双方の意見やビジョンを融合させ、リスクとリターンのバランスをとり、自社に最適なシステムをつくることができます。

 

 拙書『お金をドブに捨てないシステム開発の教科書』は、経営者と情報システム部のかけ橋となる本です。それぞれの立場でお読みいただくと、相互理解が深まり、コミュニケーションが円滑化します。ぜひより良いシステムづくりのために、ご一読いただければ幸いです。