三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2016.01.20  決算早期化は、古くて新しい経営課題

pixta_1819606_S-compressor

 先日、昔からの知人である、大手IT系コンサルティングファームの方から、メールをもらいました。その中で、拙書「お金をドブに捨てないシステム開発の教科書」を読んで、次の感想を寄せてくれました。

 

 『 失敗事例が豊富で共感できるところも多く大変参考になりました。また、最近古くて新しいテーマなのか、決算早期化のコンサル依頼も多いので、早期化の章は、興味深く読ませて頂きました。 』

 

 私は、“古くて新しいテーマ”という言葉に、深い感銘を受けました。たしかに決算早期化は、昔からありながら今も変わらず重要な経営課題です。

 

 

 決算早期化が重要なのには、2つの理由があります。

 

 1つは、経営数字をいち早くつかみ、変化に対応する体制が経営には欠かせないからです。スピード経営が要求される現代、その傾向はますます強まっています。

 

 もう1つは、決算早期化こそがムダのない効率的な仕組みの“明かし”そのものだからです。つまり、月次決算のスピードは業務効率のバロメーターだということです。

 

 「月次報告の前日は毎回経理部が徹夜する」などムリなことをせず、決算早期化(たとえば5営業日以内)ができているならば、企業経営の仕組みはそれなりに効率的だと見なせます。

 

 

 「じゃあ、決算早期化をするために、人を増やせば良いのでは」・・・その考えは大きな間違いです。決算は、人を増やせば早くなるようなシロモノではありません。

 

 現に、適切な仕組みをつくって決算早期化をすると、経理部の残業時間が減るほうが普通です。仕組みにおかしいところがあるから月次決算が遅いのであって、マンパワーに頼るのは逆効果です。

 

 もう一つ注意点を付け加えるならば、業務・システム・会計を単独で取り組んでも決算は早くなりません。それほど現代の企業の仕組みは複雑です。

 

 決算早期化は、業務・システム・会計の「三位一体の改革」があって初めて実現できます。仕組み全体を再設計する視点が重要なのです。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 決算早期化は、古くて新しい経営課題

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office