pixta_1819606_S-compressor

 先日、昔からの知人である、大手IT系コンサルティングファームの方から、メールをもらいました。その中で、拙書「お金をドブに捨てないシステム開発の教科書」を読んで、次の感想を寄せてくれました。

 

 『 失敗事例が豊富で共感できるところも多く大変参考になりました。また、最近古くて新しいテーマなのか、決算早期化のコンサル依頼も多いので、早期化の章は、興味深く読ませて頂きました。 』

 

 私は、“古くて新しいテーマ”という言葉に、深い感銘を受けました。たしかに決算早期化は、昔からありながら今も変わらず重要な経営課題です。

 

 

 決算早期化が重要なのには、2つの理由があります。

 

 1つは、経営数字をいち早くつかみ、変化に対応する体制が経営には欠かせないからです。スピード経営が要求される現代、その傾向はますます強まっています。

 

 もう1つは、決算早期化こそがムダのない効率的な仕組みの“明かし”そのものだからです。つまり、月次決算のスピードは業務効率のバロメーターだということです。

 

 「月次報告の前日は毎回経理部が徹夜する」などムリなことをせず、決算早期化(たとえば5営業日以内)ができているならば、企業経営の仕組みはそれなりに効率的だと見なせます。

 

 

 「じゃあ、決算早期化をするために、人を増やせば良いのでは」・・・その考えは大きな間違いです。決算は、人を増やせば早くなるようなシロモノではありません。

 

 現に、適切な仕組みをつくって決算早期化をすると、経理部の残業時間が減るほうが普通です。仕組みにおかしいところがあるから月次決算が遅いのであって、マンパワーに頼るのは逆効果です。

 

 もう一つ注意点を付け加えるならば、業務・システム・会計を単独で取り組んでも決算は早くなりません。それほど現代の企業の仕組みは複雑です。

 

 決算早期化は、業務・システム・会計の「三位一体の改革」があって初めて実現できます。仕組み全体を再設計する視点が重要なのです。