三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2016.02.17  リアルな想像力を鍛えよう

syucyu_min

 

 若いシステムエンジニア・プログラマー、情報システム部門の方と話していて、よく感じるのは「想像力の不足」です。

 

 システム一筋だと、営業・生産・経理等、現場業務の経験がほとんど無いので、当たり前と言えば当たり前なのですが、「もう少し深く考えてみませんか?」と言うことがあります。

 

 たとえば、購買管理システムの発注入力画面。普通は、一通り発注情報が入力でき、更新できる機能をつくります。確かにシステム機能的には正解です。しかし、それだけで、場面を具体的に想定することがありません。

 

・購買担当者は、発注書を何枚くらい入力するのだろうか?

・発注書の内容は、毎回、まったく異なる内容なのだろうか。それとも、ほとんど同じ内容で、日付や単価とか、特定の項目だけ違うだけなのだろうか?

・発注書を入力する際、何を見て、あるいは、何かを調べたりしているのだろうか?

・発注入力を途中で中断したり、仮入力したりして、何日も後になって発注(更新)することもあるのだろうか?

 

 仮に発注書を1日100枚つくるのに、発注入力画面で1回1回、発注担当者や発注日付を入力させる仕様だと、担当者は頭にくることでしょう。お決まりの項目は自動設定させるのはもちろん、一括入力や複写機能などの入力を支援する機能がないと、現場に使ってもらえないシステムになるのは明らかです。システムが“動く”のと“使える”のとでは大違いなのです。

 

 業務部門と情報システム部門の人材交流が増えてきたことは良いことです。実体験が場面想定を強化します。しかし、誰もが何もかも経験することは不可能です。

 

 だからこそ、「想像力」なのです。個々人がリアルな想像力を鍛えて対処するしかありません。

 

 想像力を鍛えるには、色々な業種や部門の人と会話したり、実務書やビジネス小説を読んだりするのも効果的です。

 

 でも、一番効果的なのは自分で思考・想像する癖をつけることです。興味のない分野でも、シミュレーションゲームだと思って、色々と考えてみます。その積み重ねがとても大切です。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > リアルな想像力を鍛えよう

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office