三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2014.01.27  紙の領収書を廃棄する方法(スキャナ保存) その2

pixta_572810_S-compressor

 実際に書類をスキャナ保存するためには、税務署長等の事前承認と帳簿の電子保存とは異なる所定の要件(電磁的記録の真実性及び可視性の確保)の順守が必要です。

 

 

 スキャン文書は改ざんが容易であるため、スキャン後の改ざん防止の仕組みが不可欠です。電子署名、タイムスタンプで変更を検知、バージョン管理で変更履歴を保持する必要があります。

 

 また、紙の書類であれば紙質、筆圧などで改ざんの跡を発見しやすいですが、スキャン文書ではそれが消えてしまいます。そのため、入力期間を制限し、書類受領後速やかに電子化させて改ざんリスクを低減する必要があります。

 

 ただし、それらを実行するのは大変なので、重要度が低い書類に関しては入力期間の制限、タイムスタンプを要件としていません。

 

 スキャナ保存の要件を満たすためには、別途システムを構築したり、第三者が提供する有料サービスを利用したりする必要があります。スキャナ保存を適用するなら、経費精算の領収書だけでなく取引先から受領したその他の書類も対象とし、全社的な書類保管コストの削減を考えなければ投資効果がでないでしょう。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 紙の領収書を廃棄する方法(スキャナ保存) その2

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office