pixta_17849770_S-compressor

 平成25年度税制改正で、思いのほか話題にあがらないのが、「領収書」等に係る印紙税の非課税範囲の拡大です。

 

 現在、免税点は3万円未満ですが、平成26年4月1日から5万円未満になります。
 飲食店等では大きな影響がありますが、一般消費者にはあまり関係ないのかもしれません。

 

 また、事業会社でも現金で債権回収する会社は、日常的に領収書を発行しているので、営業担当者、経理担当者に情報共有化・確認は必要でしょう。

 

 随分長いこと、3万円免税時代が続きましたから、当分は「3万円超えたから、印紙を領収書(レシート)に貼らなくちゃ」という習慣が抜けないかもしれません。