事業が成功し企業規模が拡大すれば、規模に見合う経営の仕組みが必要になります。ところが、売上や新規事業の立ち上げばかりを追い求め、仕組み作りを疎かにする会社が少なくありません。せっかくビジネスが上手くいっているのに非常にもったいない話です。

 

 規模に相応しい仕組み構築を怠り、従来の仕組みで走り続けるとどうなるか。これは業種業態に関わりなく、どの企業にも同じ症状が現れます。その一致は面白いほどです。どのような症状が現れるのか。具体的に見ていきましょう。

 

 

■症状1 決算の遅延

 事業が成長すると取引先や取引量が増え、それを処理する仕訳伝票枚数が増えます。社員や拠点も増えるので、経費の精算や支払い回数が増えます。経理処理やお金回りの様々な業務量の増加に伴い、月次決算が遅くなるのです。決算が遅くなれば当然、経営の意思決定も遅れます。

 

 

■症状2 管理コストの増大

 経理や人事などの業務量が増えると、次に管理部の人を増やします。しかし管理業務は営業や製造と違って、繁忙・閑散の差が大きいです。経理であれば月末月初に業務が集中します。専門性が高く兼務も難しいので、ピークに合わせてより多くの人員を要します。

 

 

■症状3 コミュニケーション不足で生産性低下

 社員が増えてくると、知らないことが増えていきます。少人数だった頃は当たり前に伝わっていた情報が、意識的に情報を取りこまないとわからないのです。そのため、色々なことが後手に回ったり、重複やムダが起きたりします。生産性は低下し、それは業績の悪化という目に見える形で現れます。

 

 

■症状4 不正や法令違反の発生

 業績の悪化を食い止めるための適切な対策を施さず、ただ単に社内に激を飛ばすと今度は無理が増えます。サービス残業やパワハラの類。新規事業を見切り発車で立ち上げ、契約書の不備や法令違反。さらに社員数が増えて目が届きにくくなったことも拍車して商品の横流し、売上の架空計上などの不正リスクが上昇します。

 

 

 これらの症状は、企業規模と経営の仕組みのアンマッチが拡大すると現れます。そのアンマッチにいつまで耐えられるかはビジネスモデルに寄ります。単一事業や粗利が大きい企業だと比較的耐久力がありますが、複数事業を営み粗利が小さい企業は早い段階で成長に陰りが出るでしょう。

 

 一つのビジネスモデルが成功して中堅企業(年商50~300億円)になれても、その上の大企業になれるかどうかは、ビジネスそのものより経営の仕組みが果たす役割が大きいです。

 

 一時は勢いに乗って年商を拡大できても、仕組みが悪いとエンジンブレーキのように足を引っ張り、成功の阻害要因になります。規模に見合う仕組みを構築し、秩序と業務効率・生産性を取り戻し、成長を加速させることを、ぜひ重要な経営課題として認識してほしいと思います。