業績の良い会社は、会社のために体を張っている人が多いなと感じます。体を張るとは、具体的に言うと、外部のプレッシャーに負けずに会社の利益を主張することです。安易に妥協しないとも言えます。

 

 営業部は、得意先に対して価格をできる限り高くできるよう体を張ります。価格を下げれば簡単に売れるでしょうが、それでは会社の利益を損ないます。営業努力で価格を下げずに売ることが求められます。

 

 体を張るのは、何も営業だけではありません。経理部、情報システム部、購買部、管理部門も同じです。外からはわかりにくいですが、管理部門も外部と接点を持っています。そして、彼らの体の張り具合が、実は会社にとって重要だったりします。

 

 経理部の主な相手は、銀行、税務署、監査法人です。生殺与奪の権を握られている面もありますから、どこも手ごわい相手です。でも、だからと言って、言いなりになるようでは会社のためになりません。

 

 たとえば、監査法人が「こうしてほしい」と言ったことを、何でもかんでも無条件で受け入れるのは良くありません。

 

 会計の目的は、企業の財務内容を明らかにし、企業の状況に関する利害関係者の判断を誤らせないようにすることです。重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理によらないで他の簡便な方法によることも認められています(重要性の原則)。

 

 監査法人は厳密な会計処理が第一義です。重要性の原則はあくまで許容範囲であって、最初から考慮してくれている話ではありません。実務負担が重たい要請については、経理部が会社の実情に応じた対案、解決方法を自ら考え、監査法人と交渉すべきです。

 

 情報システム部の外部は、システムベンダーです。中堅企業以下だと社内体制が充実していないので、ベンダーの依存度も高いでしょう。10年以上の付き合いで、下手をすると社内よりも会社に詳しい取引先かもしれません。

 

 そうなると、保守料や改修作業の料金は実質言い値。機能改修はベンダーの意向が強く出ます。経営や現場で新しい提案をしても、ベンダーに「やらない方が良い」と一蹴されます。これではシステムの所有者が誰のものなのか、よくわかりません。

 

 さらに、システム部員はITリテラシーが低い経営や現場よりも、本稼働で苦楽をともにしたベンダーに親近感を覚えがちです。システム本来の目的は会社の利益貢献(業務効率化含む)のはずですが、ベンダーと同じ立場をとることが多くなります。

 

 会社のために体を張るとは「外部と敵対しましょう」という話ではありません。会社の代表として、各セクションで主体を持って思考してほしい、ということです。そのためには相手に負けない自己研鑚が必要ですし、ストレスがかかります。でもそれが仕事です。頑張ってほしいと思います。