先日、AI(人工知能)を使ったビジネスをしている経営者に会いました。その時の話も踏まえ、今日は近未来のビジネスや仕事について考えてみます。

 

 AIは大きく「テキスト解析」と「画像解析」に分かれます。具体的に言うと、社内メールや個別ヒアリングから退職しそうな人を見つけるのはテキスト解析。工場の生産ラインで出荷前に不良品をカメラで見つけ出すのは画像分析です。

 

 AIの精度は2つの軸で測ります。不良品を漏れなく見つけ出せたか? 正常品を不良品と判断しなかったか? これら「発見率」と「正答率」の2つが人間レベルを超えれば、その仕事は人からAIに取って代わられるわけです。

 

 その際、肝となるのが「素材(サンプル)」です。たくさんの素材をAIに読み込ませ、深層学習(ディープラーニング)させることで、発見率と正答率が上がります。

 

 いかに発見率と正答率を上げる適切な素材をAIに提供できるか。これがAIビジネスのノウハウなのだそうです。

 

 これを聞いて思ったのは、いま話題の中学生棋士、将棋の藤井4段のことです。どうやってトップ棋士に匹敵する強さを、若干14歳の少年が身に着けたのか?

 

 藤井4段はもともと詰将棋が得意なうえ、3段時代に将棋ソフトを使って序盤・中盤を鍛え直したそうです。

 

 小・中学生という最も吸収力がある時期に、最新ソフトの最善手や形勢判断を研究(シミュレーション)できたのは、まさにAIが優れた素材で深層学習するのと似ています。

 

 もちろん本人のずば抜けた頭脳あっての話ですが、AI時代が生んだ天才棋士なのかもしれません。

 

 さて話を戻しますが、これからAIでビジネスや仕事はどう変わるのか?

 

 AIが自律的に判断できるようになると、人の仕事の大半は代替できます。完全に無人化しないまでも、AIの支援を受けることで生産性は飛躍に上がりますから、確実に省人化は進みます。

 

 これは工場作業者、事務作業者、管理者、どのような立場でも同じです。管理者の仕事は多少複雑かもしれませんが、管理対象者がそもそも減ります。今ほど管理者の数は要りません。

 

 では、ブルーカラー・ホワイトカラー問わず、イス取りゲームのように仕事が減ってしまう環境下で、人は何をして食べていけば良いのか?

 

 その1つの答えが、ブルーでもホワイトでもない「ニューカラー」の道です。

 

 ここで言う「ニューカラー」とは、ビジネスや仕組みを自ら作り出す人、変えていく人です。ビジネスや仕組みを創造したり変革したりすることで価値を生み出します。

 

 典型的なのは起業家ですが、社内で新規事業を立ち上げたり、改革プロジェクトにたずさわったりする人も該当するでしょう。

 

 AIの出現で、従来の「処理する」「監視する」という仕事は、人がやる仕事では無くなっていきます。そうすると、人は「創造する」「変革する」という仕事で価値を提供し、給料や対価をもらう方向にシフトしていくしかありません。

 

 もちろん、このような人は今でも社内外で重宝されますが、間違いなく近い将来、社会や企業にもっと必要とされるようになります。今のうちから、その心づもりをしておきましょう。