責任感が強いことはとても良いことです。無責任な人が増えている中、責任感が強い人は貴重な人材です。実際、そういう人は組織の中での出世も早いでしょう。

 

 しかし、せっかく管理職になったのに、その責任感が空回りしている人をよく見かけます。空回りしているので、さらに責任を感じ、ますますおかしくなっていく・・・負のスパイラルです。

 

 どうすれば、このような状態を脱することができるのか? 参考になる話を2つしましょう。

 

 1つ目は「ホウレンソウ」についてです。

 

 責任感が強すぎる人は、結果に固執するきらいがあります。もちろん結果を出すことは大事です。どこかのCMではありませんが、結果にコミットできるビジネスリーダーは優秀です。

 

 しかし、状況が大きく変わった(違った)ときは違います。早めに自分の上司に報告を上げて対応策を考えなければなりません。

 

 それにも関わらず、責任感が強すぎる人は「与えられた仕事だから、自分や部下だけで何とかしよう」とします。

 

 上司に報告せず、判断を仰がない行為は、組織人として「大幅な減点」であることを理解しておくべきです。「状況判断ができない人」と評価されます。

 

 仕事とはある意味、責任分担です。そこには「完遂責任」と「報告責任」の両方の意味があります。責任感が強すぎる人は、「完遂責任」に重きを置きすぎているのです。

 

 2つ目は「仕事を教えること」についてです。

 

 管理職になったばかりだと、まだ部下が育っていないので、自分自身がプレイヤーを兼務することが多いです。

 

 しかし中には、いつまでたっても仕事を手放せない人、部下に落とせない人がいます。「自分しかできない」「自分がやったほうが早い」などの理由から、仕事を抱え込むのです。

 

 ある本によると、人に仕事を教えるためには、その仕事時間の30倍時間がかかるそうです。1回1時間の仕事なら30時間です。

 

 もちろん仕事内容にもよるとは思いますが、人に教えるということは、それほど根気がいるということです。

 

 仕事を部下に落とさない限り、自分の時間が空くことはありませんし、部下が成長することもありません。

 

 「この仕事は自分にしかできない」という人は、はたしてどこまで時間をかけて部下に教えたことがあるのでしょうか?

 

 教えている間は、自分自身がその仕事をやりながら、その上で、その30倍の時間を絞り出して部下に教える。

 

 管理職は自分が仕事をするのではなく、部下に仕事を任せることだと再認識しなければなりません。

 

 こうしてみると、会社というピラミッド組織の基本は「上は下に仕事を任せ、下は上に報告を上げる」ことだと言うことがよくわかります。

 

 強すぎる責任感で、そのどこかに「詰まり」が生じれば、組織の調子が悪くなってしまいます。管理職だからと気負いすぎず、仕事の風とおしを良くするよう心がけましょう。