地方の仕事には新幹線をよく利用します。今年も50回くらいは乗ったでしょうか。普段は普通指定席ですが、移動中に仕事をしたい時や疲れている時は、グリーン車も利用します。

 

 グリーン車の席には、肘掛収納テーブルがついています。上に肘掛けが開き、その中に小さなテーブルが収納されていて、取り出せるようになっています。

 

 窓枠に置いてメガネを置いていたのですが、テーブルを出す際に、肘掛けの収納ボックスの中に、なんとメガネを落としてしまいました。

 

 メガネを取り出そうとしても、収納ボックスの入り口が狭くて、奥まで手が届きません。しかも、メガネをかけていないので、よく見えないのです。

 

 自分ではどうしようもなくなって、しかたがなく車掌さんに事情を説明して、メガネを取ってくれるよう、お願いしました。

 

 「ここに落とす人は、おそらく自分だけではないだろう。車掌さんは、きっと何か、取り出すための道具を持っているに違いない」、そう思ったわけです。

 

 ところが、車掌さんからはあっさり、「すみませんが、そのようなモノは常備しておりません」と言われてしまいました。その車掌さんにとっても、肘掛収納テーブルの中にモノを落とすケースは、どうやら私が初めてだったようです。

 

 それでも、どこからかハンガーを探してきて、その針金を一生懸命のばして、先端をフックのように加工した、お手製の道具を作ってくれました。

 

 そして、車掌さんはそれを使って20分ほど悪戦苦闘したでしょうか、なんとかメガネを取り出してくれました。

 

 この車掌さんには、申し訳ないという気持ちと感謝で一杯でした。周りの乗客の人には、多少白い目で見られましたが、メガネが無いとその日仕事にならないので、本当に助かりました。

 

 新幹線にはサービスだけでなく、常に時間が正確なことも感謝しなければなりません。発着が定刻どおりなので、会議にギリギリ間に合う新幹線にのっても、遅れることがないので安心です。

 

 これは世界的に見ても、まれです。普段は忘れがちですが、日本経済や日本企業の成長にとって、新幹線の貢献度は計り知れません。

 

 今まで当たり前すぎて、自分たちが恵まれていたと気付いていなかったビジネス条件や環境、インフラは、たくさんあります。社内の人、お客様、取引先、商品・・・宅配便などもそうかもしれませんね。

 

 今年の締めくくりですから、まずはそのことを思い出して感謝したいと思います。

 

 一方で、環境が変化して、いつかは恩恵が失われる(特にITがそうさせている)ことも想定しなければなりません。新たな価値創造を怠らないようにしましょう。