最近の決算発表や業績修正で目にとまった会社は「リコー」と「大塚家具」です。一昔前はどちらも超優良会社でした。しかし今は、時代の変化についていくために苦悩しています。

 

 リコーは今から約10年前、2008年にIKON Office Solutions, Inc.を約1,600億円で買収しました。複写機、ファクス、プリンターなどのOA機器の販売を行う会社です。欧米で400拠点持っています。

 

 この時の社員数はリコーグループ83,000名に対してIKON25,000名です。M&A的には、グローバルな販売網を強化する大きな攻めの一手でした。

 

 しかし、この10年で市場環境は激変してしまいます。インターネット、スマートフォン、タブレット、クラウドなど怒涛の技術革新で、急速にペーパーレス化が進みました。

 

 たとえば工場。図面も紙に印刷するのではなく大型モニターで見るようになったり、日報入力も紙に書くのではなくタブレットで入力したりしています。

 

 私自身も10年前と比べると、明らかに紙の印刷量が減りました。昔は資料をいったん印刷してファイルするのが当たり前でしたが、いまは縦型の液晶モニターでレビュー・修正しています。PDFA4などは画面に1ページまるまる映せますから、とても便利です。

 

 欧米は、日本以上にペーパーレス化進んでいます。それは海外ERPシステムを見てもわかります。帳表は驚くほどお粗末です。海外ERPベンダーは、「ビジネスリーダーたる者、システム画面で数字を見るのが当然だろう」という思想だからです。

 

 リコーは今期、IKON社で1,400億円ののれん等の減損を実施します。

 

 大塚家具は、本業である「高級家具」の販売不振です。昨年、売上が前年比20%減、今期がさらに11%減。3年前の売上580億円から410億円まで落ち込みました。

 

 昔は、「家具というのは一生もの、高くても良いモノを買う」という風潮があったと思うのですが、いまはニトリやIKEYAなどに代表されるように、「家具はカジュアルなモノ」に変わっています。

 

 スタイリッシュで、値段も手ごろ、買い替えも頻繁となると、高級家具の市場自体が縮小していくのもやむをえません。

 

 ライフスタイル(ビジネススタイル)の変化は、ネットショッピングの台頭、百貨店の低迷にも通じる話です。さまざまな企業が時代の荒波に揉まれています。リコーと大塚家具はその象徴のようです。

 

 このような時に必要なことが事業の「構造改革」です。旧態依然の体制を見直し、新たなビジネスモデルや収益源を探します。第二創業とも言われる思い切った改革です。

 

 実際、大塚家具は14億円の事業構造改善引当金を積んで、次期の巻き返しを図るようです。本業がゆらぐ正念場をどのように乗り切るのか? これから経営手腕の見せどころです。この2社に来期は注目したいと思います。