ビートたけしの独立騒動。たけし軍団とオフィス北野・森社長との確執。ここ一か月メディアを賑わした芸能ニュースです。人間関係のもつれからのどろ試合、と言えばそれまでですが、お金や経営の視点でみれば、一般企業でもよくある話です。

 

 今回の騒動の根本にあるのは「フリーライダー問題」です。フリーライダーとは、自分は大した貢献もせず、集団の利益に“タダ乗り”する人を言います。今回のケースでは、「ビートたけしがもたらす利益にタダ乗りしていたのではないか?」ということです。

 

 具体的には、森社長や幹部は「報酬は正当な対価だ」と主張しているのに対し、たけし軍団は「経営陣やマネージャーの報酬が高すぎる」と不満を持っているわけです。たけし軍団が十分稼げていないならば尚更です。

 

 このままでは水掛け論になるので、数字を見える化して客観的に評価していくことが大事です。

 

 芸能事務所は、キャラクタービジネスに近いと思います。キャラクタービジネスとは、キャラクターを生み出し、育て、その露出や権利をコントロールしていくビジネスです。

 

 たけしさんは、さしずめディズニーの「ミッキーマウス」やサンリオの「キティちゃん」など、超メガ級のキラーコンテンツでしょう。莫大な利益をもたらしてくれます。

 

 オフィス北野の設立当初から、たけしさんは超メガ級のキラーコンテンツでした。ですから、現経営陣が発掘し、育てたわけではありません。現経営陣の仕事は、あくまで露出や権利拡大のコントロールです。これが評価の一つです。

 

 もう一つは、たけしさん以外のタレントについてです。たけし軍団と言えば、80年代の「スーパージョッキー」や「風雲たけし城」を思い出します。その頃と比べると、今の露出はさびしい限りです。

 

 また、新人タレントの発掘や育成はどうでしょう。オフィス北野のWEBサイトをみると、所属タレントが70名ほどいます。こんなにいるのには驚きましたが、私がテレビ番組で見たことがある人はごくわずかでした。

 

 よしもと、マセキ芸能、太田プロなどと比べると、全然人が育っていないように思います。

 

 もちろん売れる売れないは、タレント本人の努力や才能が一番重要です。事務所だけの責任ではありません。しかし、芸能事務所もビジネスですから、結果に対して責任を負うべきです。

 

 「たけし部門(映画含む)」と「たけし軍団等部門」とに分けて部門別損益を見える形にし、ドル箱であるたけし部門から、いくら育成投資としてたけし軍団等部門に回すか。このようなことがきちんと経営計画になっていたら、たけし独立という強権発動もなかったでしょう。

 

 たけしさんも70歳。オフィス北野が芸能事務所として生き残れるか、いま岐路に立っています。