三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.02.07  でんさいネット

pixta_10384531_S-compressor

 でんさいネットのサービスが来月開始されそうです。昨年5月にサービス開始予定でしたが、一度延期となりました。でんさいネットとは、手形にかわる電子債権の交換所です。全銀協が設立した㈱全銀電子債権ネットワークが運営しています。

 

 電子債権のメリットは、以下のとおりです。

 

 (発行側)
  ・発行事務不要
  ・郵送不要
  ・支払手段(手形、振込、一括返済)の一本化可能
  ・印紙税不要

 

 (受取側)
  ・紛失リスクなし
  ・譲渡、割引の金額が自由に設定可能
  ・取立事務不要

 

 電子債権を行うためには、発行側と受取側双方の口座開設(月額有料)が必要です。インターネットも接続していない中小企業に、いかに浸透させていけるかが普及のカギでしょう。

 

 また、下請法の運用方針では、以下は独占禁止法第19条(不公正な取引方法の禁止)違反のおそれがあるとしています。

 

  ①電子債権による下請代金の支払いに応じることを強制すること

 

  ②電子債権による下請代金の支払いに応じないことで取引条件などの不利な取扱いすること

 

 

 取引先へ無理強いはできませんので、紙の手形を廃止し完全に電子債権に移行することは難しそうです。当面は、紙の手形と電子債権の並行運用が続きます。

 

 情報システムはどうでしょう。紙の手形では債務管理システム、手形管理システム、手形発行機を使用していました。システムにもよりますが、電子債権は債務管理システムだけで対応できるようになります。電子債権だけならば、手形管理システム、手形発行機が不要になります。

 

 これからの電子債権ですが、ゆくゆくは紙の手形が歴史になることもそう遠くないかもしれません。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > でんさいネット

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office