三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.02.11  本支店会計

pixta_145072_S-compressor

 本支店会計は、記帳方法です。昔はITやネットワークがありませんでしたから、各拠点に経理担当者を置き、各拠点を会計単位として伝票を起票する本支店会計が当たり前でした。

 

 本支店会計には、支店間取引の仕訳の起こし方によって「本店集中決算方式」と「支店独立決算方式」があります。本店集中決算方式は、支店間取引で本社勘定を使用する方式です。支店独立決算方式は、各支店で支店勘定を使用する方式です。

 

 ※本店集中決算方式


  札幌支店 (本 社)100 /(現  金)100


  大阪支店 (旅 費)100 /(本  社)100


  本  社 (大阪支店)100 /(札幌支店)100

 

 

 ※支店独立決算方式


  札幌支店 (大阪支店)100 /(現  金)100


  大阪支店 (旅  費)100 /(札幌支店)100


  本  社 仕訳なし

 

 

 本支店会計は、複数の会計単位を持つので拠点別の貸借対照表を作成できます。これは本支店会計のメリットでしたが、現在の会計システムは、全社単一の会計単位であっても部門別貸借対照表を作成できるので、長所ではなくなりました。

 

 本支店会計のデメリットは、各拠点に仕訳がわかる経理担当者を置かなければならないことです。間接部門の人件費を考えれば望ましいことではありません。

 

 さらに、本支店会計で記帳されると、直接的に内容がわからないということが発生します。上記例でいくと、旅費の相手科目は本支店勘定です。実際に旅費を計上した大阪支店では何で精算されたかはわかりません。

 

 今でも本支店会計を採用している会社は少なくありませんが、本支店会計のデメリットを考慮すれば、会計単位は全社単位として本支店会計をやめることが業務効率化、コスト削減につながります。

 

 実際、年間30,000伝票明細行が年間20,000伝票明細行になったケースもありました。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > 本支店会計

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office