三位一体コラムCOLUMN

三位一体コラム

【システム・業務・会計】

三位一体改革

無料メールマガジン

(毎週水曜配信)

 実務に役立つコラムや情報
セミナー案内をお届けします。
ぜひご登録ください。

お金をドブに捨てないシステム開発の教科書 新・原価計算5大改革CD

■ 事務所案内

公認会計士中川充事務所

〒100-6005
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング5F

TEL: 03-4334-8052
FAX: 03-4334-8053

■ よく読まれている人気の記事

2013.02.18  IFRS IAS第36号修正案

pixta_1263872_S-compressor

 先月、IAS第36号「資産の減損」の修正案が公表されました。

 

 IAS36号はいわゆる「減損会計」ですが、日本基準と異なり、その減損兆候の認識範囲は広いです。

 

 一方、日本基準には減損損失の戻入れはありませんが、IFRSでは見積り変更があった場合には戻入れをしなければなりません。

 

 

 さて、今回の修正案の主たる目的は、エラー修正だそうです。IFRS第13号「公正価値測定」公表に伴いIAS第36号の開示要求の一部が修正されましたが、その再修正となります。

 

 IASBが要求していたのは、減損損失又は戻入れをした資産の回収可能価額の開示なのに、のれん又は耐用年数を確定できない無形資産のウエイトが高い場合、それらの資金生成単位の回収可能価額も開示することになっていました。オーバーディスクローズということで、この部分がカットされています。

 

 また、130項の文章内の開示対象が、「重要性のある減損損失」から「減損損失」へ変更さています。

 

 これは、すべての減損損失を注記対象にしたということではなく、IAS第1号「財務諸表の表示」及びIAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」で記述されている重要性の概念からして当然であるとして、ここでの「重要性のある」という用語を削除しています。内容に変更はありません。

 

 以上、IASBも間違えるというお話でした。

 

 ※上記は公開草案であり、最終的に内容が変更される場合があります。

三位一体改革メールマガジン登録はこちら

なぜ、業績が伸びないのか?

 

それは、経営の仕組みが原因
かも知れません。

なぜ、業績が伸びないのか?
それは、経営の仕組みが原因かも知れません。

 「三位一体改革メールマガジン」は、公認会計士中川充事務所が発行しているメルマガです。【システム・業務・会計】の三位一体で推し進める仕組み改革を推奨し、それに役立つ情報やビジネスコラムをお届けしています。登録は無料で毎週水曜配信中です。ご希望の方は下記からメールアドレスをご登録下さい。

  • ※ご登録頂いたメールアドレスは目的外で利用しません。
  • ※GmailやYahoo!メール等でもご登録いただけます。
  • ※配信停止をご希望の際はこちらから解除できます。

トップページ > コラム > IFRS IAS第36号修正案

ページの先頭へ ページの先頭へ戻る


特定商取引法に基づく表記

Copyright © Mitsuru Nakagawa CPA office