pixta_4068920_S-compressor

 規程は、会社のルールをフォーマルにしたものです。

 

 

 中小企業の多くは、定款や就業規則など法律上作成が必須な規程以外は作成していません。

 

 実際、規程がなくても業務は支障なく回ります。社長や上司の命令で、あるいは過去からの慣習で業務を行うことができます。

 

 しかし、会社の規模が大きくなってくると、そうも言ってられなくなります。経営者の目が届かなくなるからです。

 

 そのため、業務統制、業務効率化の観点から、何らかのルールが必要になってきます。

 

 

 必要に迫られて作成される規程が本当ですが、株式公開準備会社や上場会社の子会社になると、強制的に作成することになります。

 

 その際、市販のテンプレート集か何かにあてはめて作成すると魂が入っていないので、誰も見ない、使われない規程になってしまいます。

 

 規程は会社の法律です。現況の業務に合った適切な規程を作成し、きちんと順守するようにしましょう。