コラム一覧

店内10%、持ち帰り8%、どうなる消費税?

一昨日、政府が2019年10月1日に消費税率を引き上げる方針を示しました。

「もしかしたら、また延びるかも・・・」と思っていましたが、どうやらこれで延期は無さそうです(といっても、まだ先はわかりませんが)。

私たちは、これまで3%→5%、5%→8%と二度の税率変更を経験しています。今回の8%→10%の変更も、ただそれだけならば問題はありません。

しかし、今回は飲食料品に軽減税率が導入されます。同じ商品であっても、店内で飲食すれば10%、持ち帰りすると8%と税率が異なります。この10%と8%の境界線をどうするかが、大きな問題の一つです。

コンビニ業界は、イートイン(店内の飲食スペース)を休憩施設として飲食を禁止し、8%一本にする方向で検討しているようです。

しかし、イートインでの飲食を本当に禁止する店もあれば、飲食禁止は建前でそこで飲食することも黙認する店もでてくるでしょう。業界団体と国税との間でどのように決着が図られるのか? これからだと思います。

これに対して、コーヒーショップやハンバーガーショップなどは、店内での飲食がメインなので、コンビニのようにはできません。同一商品でも店内なら10%、持ち帰りなら8%と、両方に対応していくことになります。

そこで困るのが、次のようなケースです。

「コーヒーとサンドイッチを下さい。コーヒーは店内で飲みます。サンドイッチは持ち帰ります。」

とお客に言われたら、店員はコーヒー10%、サンドイッチ8%とレジを打つしかありません。しかし、その客は席につくとコーヒーを飲むだけでなく、サンドイッチも袋をあけて食べ始めます。こういうことが起きることは容易に想像できます。

正直に「サンドイッチを店内で食べる」と申告した人が損をしているようで、あまりよい感じがしません。かといって、持ち帰ると言ったのにサンドイッチを食べはじめたお客を店員が注意するのも非現実的です。

このようなケース、落としどころをどうするのか? 1年かけて検討が必要だと思います。

PAGE TOP